読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽてと日記

自由気ままに趣味について語るぜ

オラがやらねば誰がやる!

~某デパート~

 

悟飯「いや~お父さんと買い物なんて何年ぶりですかね~」

悟空「そうだなぁブウとかセルとか色々忙しかったもんなぁ。平和でなによりだぁ・・・?なぁ悟飯なんだこれ?」

飯「え・・・あぁそれは抱き枕カバーとか言って一部の人に人気があるんですよ。」

悟「だきまくらぁ?へぇ・・・」

飯「あっあれ?お父さんどうしました?・・・まさか・・・」

悟「買って行こう!」

飯「えぇ!?でっでもお父さんこういうのは・・・」

ssj悟空「ごちゃごちゃ言うな!俺を怒られたいんか!」

ザワザワ

飯「わっわかりましたよ!こんなとこで大声出さないでください!///」

飯「それとお母さんにはこの事内緒ですよ」

悟「いえーい」

 

その夜

 

悟「ごちそーさん!」

チチ「悟空さ、もういいだか?」

悟「おっおうもうオラ腹いっぺーだ。んじゃ」

チチ「そうだか・・・それならえぇけども・・・」

 

悟「よーしこれが待ち遠しかっただ。」

ベリベリ

悟「ひょーオラすんげーワクワクすっぞ!」

ヒラヒラ

悟「しっかしこの布っきれだけだぞぉ・・・肝心の枕・・・」

悟「ねっねぇ!枕がねぇ!くっそぉー」

 

悟「なぁ悟飯あの抱き枕とかいうやつ布っきれしかへぇってねぇぞ」

飯「あたりまえじゃないですか。カバーですもん。」

悟「そりゃねぇぞ・・・まぁしかたねぇ悟飯、オラ金ねぇからくれ!」

飯「むっ無理ですよ!貰ったのはあのおつかいのお金だけですから・・・」

悟「チェェ・・・こうなったら・・・」

 

ガサゴソ

悟「あった、あった。サタンからの口止め料・・・これで・・・」

チチ「悟空さなにやってるだ?」

悟「いいっ!?ノックくらいしろよ!チチ!」

チチ「ノックもなにもここオラの部屋だ。それでその足もとに落ちてるのはなんだ?」

悟「しまっ・・・こっこれは・・・オラ腹へっちまって・・・」

チチ「ふーんじゃぁ晩飯の残りがあるからそれ食えばえぇだ!」

悟「いや・・・その・・・」

チチ「大体腹減ったからって人のお金・・・なにニヤニヤしてるだ悟・・・」

悟「バイバイ!」

ピシュン

チチ「あぁ!?」

 

数時間後

悟「ふぅあぶねぇあぶねぇ。けど買ってこれただ。よーしこれをはめて」

モフモフ

悟「できたぁ!いやぁこりゃ想像以上だぞ。」

悟「今夜はこれを抱いて寝るだ!・・・しっかしこの殺風景なオラの部屋にこれ1つなのも寂しいなぁ。そうださっき余分に持って行った金で・・・」

 

翌日

飯「お父さんご飯です・・・よ!?」

悟「おぉ悟飯。どうだこれぇ?」

飯「どうだこれってマズイですよ・・・これ。お母さんに見つかったらタダじゃ・・・」

チチ「なに二人で騒いでるだ、飯が冷めちまうだ。・・・ってなんだぁこれ!?」

パリーン

 

飯「という訳なんです」

チチ「はぁ・・・なぁ悟空さこういうのはやめてけろ?」

悟「なんでだよ。オラ別にめーわくかけてねぇぞ。」

チチ「確かにそうだけんども世間はこういうのおたくっていうんだろ?世間からはあんまり良い目ではみられねぇだよ」

悟「まぁいいじゃねぇかここパオズ山だし誰も来やしねぇよ。なんにも問題ねぇだ」

チチ「はぁ・・・こんな姿ベジータさんやブルマさんが見たら・・・おっ」

飯「なんですか?お母さん・・・はぁ・・・はい・・・分かりました」

悟「なんだ?」

チチ「悟空さがあぁ言うのをやめられるようになる秘策だ。じゃぁ悟飯ちゃん頼んだど」

飯「はい。いってきます」

悟「なぁーんだ・・・秘策って・・・」

 

飯「あっベジータさん。いいところに」

ベジータ「なんだ悟飯。俺に用か?」

飯「はい。実は・・・」

ベジータ「ダニィ⁉カカロットが⁉・・・そうか・・・後に続け悟飯!」

飯(これでお父さんもきっと・・・)

 

ベジータカカロット。俺だ邪魔するぞ」

悟「おぉベジータ。なんか用か?」

ベジータ「・・・」

飯(今のお父さんの状況をみたらきっと・・・)

ベジータ「・・・ふふっ・・勝った・・・」

飯「え・・・?」

ベジータ「俺は遂にカカロット勝ったんだ!」

飯「えぇ!?」

 ベジータ「なんだ!カカロットこのザマは!?貴様のは趣味と呼べんな!こんなのはただたしなんでるだけだ!」

悟「なっなんだよベジータ。じゃぁおめーはこれよりあんのか?」

ベジータ「ふん。これの100倍はある!」

悟「じゃぁ見せてくれよ!」

ベジータ「いいだろう。見せてやるこの俺様の超コレクションを!ついて来い!」

悟「よーし」

飯・チチ「ポカーン」

 

カプセルコーポレーション

ベジータ「どうだ。俺のコレクションは」

悟「すっすんげぇ~オラおでれぇたぞ」

ベジータ「ふんニヤッ」

悟「店みてぇだなぁ・・・おっ!?これは」

ベジータ「!?貴様!汚い手で触るな!」

悟「あっぶねぇ・・・それそんな高かったのか・・・?」

ベジータ「あぁ。貴様が1年働いても買えない額だ」

悟「すんげぇな・・・」

その後2人はむちゃくちゃ語りあった。

 

ブルマ「大変よ!ベジータ!西の都にフリーザが現れたって!」

ベジータ「黙れ!今いいとこなんだ!」

ブルマ「・・・フリーザは地球をめちゃくちゃにするわ・・・きっとそのアニメも見れなくなるわよ・・・」

ベジータ「何!?なら・・・」

悟「まぁCM入ってからでいいじゃねぇか」

ベジータ「そうだな」

ブルマ「・・・」

 

フリーザ「オーッホッホッホ!孫悟空への復讐のまず第1歩・・・この地球を」

悟「そいつはやめてもらおうか・・・」

フリーザ「やっぱり現れましたね。孫悟空。積年の恨み・・・」

悟「おめぇのくだらねぇ遊びに付き合ってるヒマはねぇんだ。悪いが一気に決めさせてもらうぞ・・・」

ssj2ベジータ「あぁ俺達の邪魔をしたことを後悔させてやる。」

ssj3悟空「かめはめ・・・」

ssj2ベジータ「ファイナル・・・」

フリーザ「ちょっ・・・まっ」

悟・ベ「波ぁフラッーシュ!」

フリーザ「そんな馬鹿なぁーーーーー」

ボンッ

セル「フリーザがやられたか・・・では私が。」

悟「龍拳」

セル「ぐわぁぁぁぁぁ」

 

ベジータ「やばい!このままじゃ・・・早く帰るぞ!カカロット!」

悟「そうだな!えっとブルマの気ブルマの気・・・」

ベジータ「早くしろ!間に合わなくなっても知らんぞぉー!俺のしこが待っている!」

悟「おめぇしこ派かよ・・・このかちゃんのが断然かわぇぇだ!」

ベジータ「ふんこれだから下級戦士は・・・黒髪ツインテールの良さは分かるまい・・・」

悟「なんだと!?おめぇーこそ茶髪サイドテールの良さはわからねぇだろ!」

ベジータ「やるか!?」

悟「いいぜぇ!?こい!」

 

はてさてこの始末どうしたことやら